モンスターカレンダー

« 2016年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
トップ > 米 農家の農産加工品

米 農家の農産加工品の最近のブログ記事

こんにちは、内山農産のチカです。

今日もとびきり暑いですね!
新潟県を含む北陸地方が梅雨明けしたそうです。

夕方、畑から帰ってきた節子ママが、枝ごと収穫した赤紫蘇(アカジソ)の葉を摘み取っていました。
赤紫蘇 アカジソ しそ シソ 紫蘇

一枚一枚丁寧に、枝から葉っぱをむしり取ります。
赤紫蘇 アカジソ しそ シソ 紫蘇

綺麗な紫色をしています!
赤紫蘇 アカジソ しそ シソ 紫蘇

摘み取った赤紫蘇の葉は、梅漬けを漬けるのに使います
後日よく洗って、塩と一緒に揉むんですが、これが手間がかかって大変。
でも美味しい梅漬け、梅干しのため、頑張ります。

まだ畑には赤紫蘇が残っていて、残りの赤紫蘇はシソジュースにします♪


こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

今日3月6日は、二十四節気の「啓蟄」ですね。
冬の間、土の中にいた虫が、暖かさを感じて外に這い出てくる頃という意味だそうです。
確かに虫も這い出てきたくなるほどのお天気です!

さて、1月下旬に開始したお味噌の仕込みは、2月25日にすべての作業が終わりました。
昔から寒仕込みと言って、一年で最も寒い1月~2月に仕込むのですが、雑菌が繁殖しにくく、お味噌の仕込みには最適なんです。

蒸かしたての、ふっくらつやつやとした十五夜豆(じゅうごやまめ)。
内山家で代々作り続けられている旨味のある大豆で、これでお味噌を作ります。
十五夜豆

十五夜豆を熱いうちに、ミンチ機に入れてつぶします。
湯気でカメラのレンズが曇る!
十五夜豆

熱々の大豆をかき混ぜて冷まします。
大豆の良い香りが立ち込めます。
大豆

大豆が40度くらいまで冷めたら、あらかじめ塩をまぶしておい米麹と一緒にします。
大豆が熱々だと、麹菌が死んでしまうので、きちんと冷ますことが大事。
この米麹も自ら作っていますよ。
米麹

大豆と米麹(と塩)をよ~く混ぜ合わせます。
大豆と米麹

大豆と米麹がしっかりと混ざり合ったところで、湯ざましを注ぎます。
湯ざまし

ここからが大変で、すべてをしっかりとこね混ぜます。
フンガフンガ!という勢いで、こね混ぜます。
こね混ぜます

よくこね混ぜたら、味噌玉を作っていきます。
空気を押しだすように、しっかりと押し固めます。
味噌玉

ある程度丸く固めたら、中の空気を押しだすように、味噌玉を手のひらで叩きつけます。
味噌玉

次々に味噌玉を作っていきます。
味噌玉

味噌玉を味噌樽の底に叩きつけて詰めていきます。
味噌玉

麹菌は嫌気性なので、味噌玉を空気を抜くように手で押しつぶして、平らにします。
味噌玉

途中で、新しい麹菌の発酵を促すために前の年の味噌(種味噌)を少し入れ、どんどん味噌玉を詰めます。
表面を均したら、ビニール袋の空気を抜いて口を縛り、中蓋を乗せ、重石を乗せます。
お味噌の仕込み

お味噌の仕込みは以上です。
今年度の仕込みを無事に終えることが出来ました。
出来あがりが楽しみですね♪


こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

台風一過、幸いにも上越は大きな被害はなく、また蒸し暑い日々が戻ってきました。

この時期、皆さんのお宅でも梅を漬けていらっしゃることと思います。
節子ママも、今日の午前中に、赤ジソをよくもみ、小梅を漬けました。

使う赤ジソは、大きなザルやタライに4つ分。
赤ジソ

よく水洗いした赤ジソに、半量の塩を加えて、よくもみます。
赤ジソ
(節子ママ、二の腕がたくましいっ!)

アクよ、しっかり出ろ~と、赤ジソをよくもみこみます。
赤ジソ

赤ジソをよくもんで出たこの泡立った液体が、アク汁です。これは捨ててしまいます。
アク汁

アク汁を絞った赤ジソに、残りの塩と白梅酢を加えます。
塩と白梅酢

再び赤ジソをもみほぐすと...赤く発色しました! 赤ジソはこれでOK。
赤ジソ

さて、あらかじめ下漬けしておいた小梅の出番です。一緒に氷砂糖が入っています。
小梅

先ほどの赤ジソを小梅の上に加え、重石をして、冷蔵庫で保存しました。
赤ジソ

この後、「梅干し」だと、漬けた梅を干しますが、干すかどうかは天気次第とのことです。
雨続きだと干せずに、「梅漬け」になります...。
美味しくなりますように♪と願いながら、小梅を漬けました。


こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

月曜日は雪、火曜日は快晴、水曜日は雨、そして今日はふたたび雪です。
寒いですね。一枚多く着てきました。

2月最終日の2月28日に、今年最後の味噌仕込みをしました。

大豆(十五夜豆)は自家産、米麹も手作りしています。
米麹と大豆

米麹と大豆と塩をよく混ぜ合わせます。
米麹と大豆

湯ざましを入れ、3人がかりで、しっかりと混ぜこねます。
湯ざまし大豆と米麹をよくこねます

よく混ざったら、丸く固めて、味噌玉を作っていきます。
味噌玉

丸く固めたら、中の空気を抜くために、味噌玉を両手で叩きつけます。
味噌玉

出来た味噌玉は、ひとまず隅っこに置いておき。
出来た味噌玉

味噌玉を樽の底に叩きつける! 麹菌は嫌気性です。空気に触れるのを嫌います。
叩きつけた味噌玉をコブシでつぶして、空気を抜くようにして平らにします。
味噌玉味噌

途中で、種味噌を入れまして。
新しい麹菌の発酵を促すため、前の年の味噌を少しだけ入れるのです。
種味噌

味噌玉作りも残りあと少し。ヒロトも味噌玉を、樽の底めがけて叩きつけます。
味噌玉作り味噌

コブシでつぶして、平らにならしました。
ビニール袋の口を縛り、重石を乗せて、味噌の仕込み終了。
味噌の仕込み

今年度の味噌の仕込みはこれで終わり!
ゆっくりじっくり発酵して、美味しいお味噌になりますように♪


こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

先日の夕方、節子ママがこんにゃく芋を水洗いしていました。
節子ママは、畑でこんにゃく芋を栽培しています。
こんにゃく芋

こんにゃく芋は、3年かけて栽培する、非常に手間がかかる作物です。
1年目は、5月末に小さい種芋を植えて、11月に掘り出します。
収穫した芋は、発泡スチロール箱に保存します。
2年目は、保存しておいた芋を5月に植え、11月に掘り出し、また同じように保存します。
最後の3年目、もう一度5月に植えて、11月に掘り出して、ようやく加工して食べられます。

煮たり焼いたりお刺身で食べたり、コンニャクはとっても美味しいですよね。
ですが、原材料の生のこんにゃく芋は、非常にグロテスク。
生のこんにゃく芋

植物としてのこんにゃくは、英語で「elephant foot」あるいは「devil's tongue」と言うそうです。
象の足に、悪魔の舌...!!

仰天な見た目と英語名のこんにゃく芋、このままで食べてもまったく美味しくありません。
手間がかかりますが、加工して「コンニャク」にして食べてあげましょう。

3年かけて栽培しますと、どんどん数が増えていきます。
一度にすべての芋を加工するのは大変なので、冷凍保存しておけば、いつでも好きな時にこんにゃくを作れます。
茹でるか蒸かすかして(完全に火が通りきらないように軽く)、小さくカットし500gごとにビニール袋に入れて冷凍すると、後で作りやすいです。

こんにゃくの作り方の詳細は、過去のブログ記事(「コンニャクを練り上げる」「コンニャクを茹でる」)をご覧いただきまして...。

節子ママは、ただ今コンニャク製造中。
コンニャク製造中

よく練って弾力のある、舌触りのよいコンニャクを作ります。
コンニャク

こうして作ったコンニャクは、明朝あるるん畑へ納品して販売します。
ちなみに、節子ママの作ったコンニャクは、お刺身(刺身コンニャク)で食べるのをオススメしております♪
節子ママはシンプルに何も入れずに作りますが、すりごまを入れたり、青海苔を入れたりして作ると、より楽しめますね。

こんにゃく芋もご要望いただければ、遠方へも発送いたしますので(在庫があればですが)、ご興味がある方はぜひお問い合わせください♪


MTBlog50c3BetaInner

月別 アーカイブ

最近のコメント

  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: たくみの里のふくさん 続きを読む
  • たくみの里のふく: おはようございます 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは お疲れ様 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは コレで豊 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは 神様も、 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは まさに桜 続きを読む