モンスターカレンダー

« 2016年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
トップ > チカのプライベート > 上越市・城下町高田探訪

上越市・城下町高田探訪の最近のブログ記事

こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

青田川の桜を楽しんだ後、高田公園へ向かいました。

二の丸に通じる土橋の上から見た西堀。立派な外堀です。
高田公園で現存する外堀は、ここ西堀と北堀と南掘の三つ。
水面からピョコピョコ出ているのは、蓮の枯れ枝です。
夏は蓮が三つの外堀を埋め尽くほどで、とても見ごたえがあります。
ぜひ夏にも上越へお越し下さい(笑)。
西堀

桜と雪化粧の山々を一度に楽しめるのが、高田公園。
お堀に架かっている赤い橋は、西堀橋です。
遠くに見える、右側のてっぺんが平らな山が南葉山。
一番左側のピョコっと飛び出ている山が妙高山。
真ん中あたりのはすみません、よく分かりません(^^;
高田公園

西二の丸広場から見た高田城の三重櫓。
広場は宴会の一行やたくさんの親子連れで賑やかでした。
二の丸広場

桜の季節は、八幡丸から本丸に向かう、内堀の土橋はたいへん混雑します。
高田城三重櫓

内堀西側の貸しボート乗り場は、満開&好天で、行列ができるほどの人気でした。
対岸の桜が植わっているのは、本丸西側の土塁です。なかなかの巨大さ。
外堀のみならず、ご覧のように内堀も広いし(池と勘違いされる方もいるほど)、高田城はお堀のお城という印象です。
ボート

プカプカお堀に浮かびながらのお花見は最高でしょう。
花見

桜開花後の土日は、司令部通りは歩行者天国になります。
歩行者天国

昼間のさくらロード。
さくらロード

さくらロードの突き当たりにある、しだれ桜と忠霊塔。
黄色い上着を着たガイドさんの説明に、周りのお客さんが聴き入っていました。
しだれ桜

西側のさくらロードの桜並木。昼間も見ごたえがあります。
さくらロード

東西のさくらロードの間には、四面のテニスコートがあります。
満開の桜の中でテニスをするのは気持ち良さそうですが、地面に散った桜の花びらで、足元が滑りそうですね(^^;
テニスコート

すぐ近くの駐車場は、毎年必ずお化け屋敷がきます。
夜は怖いのか、人が少ないんですが、逆に昼間は結構賑わっています(笑)。
お化け屋敷

極楽橋へ来ました。
ここも人気のスポットで、ここで写真を撮ったり、橋の下に集まる鯉を眺めたりと混雑。
極楽橋

先日の夜桜見物で、極楽橋のたもとから撮影した写真とほぼ同じ構図の昼間の光景。
高田城三重櫓

夜桜見物のルートと同じく、極楽橋を渡って本丸跡前を通り、三重櫓の入り口前まで来たところで、高田藩の歴史という立看板に気付きました。
いつの間に設置されたんでしょう。
高田藩も色々ありましたなぁ...。
高田藩の歴史

高田公園に桜が植えられたのは、約100年前。
2200本の桜が植樹され、大正に入ると綺麗に咲きそろうようになり、現在は約4000本のソメイヨシノが、高田の春を彩っています。
いつまでも大事にしていきたいですね。
ソメイヨシノ

高田のまちの桜めぐり、これでおしまいです(^^)


こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

寺町の日朝寺のしだれ桜を堪能した後、次なる桜へ向けて移動しました。

日朝寺から民家等を数軒挟んで、お隣にある法光山・長遠寺(じょうおんじ)。
前を通りかかったら門前の桜が満開でしたので、一枚パチリ。
長遠寺

線路を渡って、宇喜世の前を通り、本町通りを疾走。
青田川の市之橋に到着しました。
ここから青田川を南下します。
青田川

市之橋から南の青田川の土手は、しばらくガードレールや生け垣の無い、遊歩道だけの桜並木が続きます。
桜並木

この辺りのソメイヨシノも咲き誇っていました。
ソメイヨシノ

どこからともなく、チュンチュンという鳴き声が聞こえてきます。
桜の木にスズメがいて、花の蜜を吸っていました。
スズメ

旭橋に到着、橋の上から歩いてきた方向を振り返ります。
ここから折り返して、反対側の遊歩道を歩きました(写真だと右側)。
旭橋

知道橋から上流の青田川は、ゆったり歩きながら、満開の桜を楽しめる良い場所です。
満開の桜

川面に野鳥。
青田川は時に、野生のマガモの群れが泳いでいることもあります。
野鳥

この日は薄曇りがかった晴れでしたが、妙高山はうっすら姿を見せてくれていました。
妙高山

知道橋のたもとにあるcafe かわのほとりで、レアチーズケーキとアイスコーヒーで一息。
レアチーズケーキ

青田川の桜めぐりはここまで。
続いて、高田公園へ向かいました。


こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

青田川を小姓人橋から知道橋まで南下して右折、大町・本町方面へ移動しました。
本町で昼食を食べた後、仲町を通り抜け、線路を渡って、高田駅の西側の寺町へ。

一年ぶりにやってきました。
上越市寺町2丁目、日蓮宗の吉祥山・日朝寺(にっちょうじ)です!
門の突き当たりが本堂です。
日蓮宗の吉祥山 日朝寺

お目当てはこちら。
日朝寺

寺町きっての名桜として知られる、日朝寺の毘沙門天堂前のしだれ桜です。
しだれ桜

こちらのしだれ桜は樹齢200年とも400年とも言われています。
しだれ桜

苔むした古木と可憐な花。
ソメイヨシノとはまた違った魅力が満載です。
しだれ桜

古木ですし、先日の雨で少し傷んだそうですが、ふさふさと花をつけていました。
しだれ桜

見上げてみれば、子枝が風に揺れています。
しだれ桜

隣は上越高校の校舎。
せっかくの立派なしだれ桜のバックが校舎だなんて残念なんて言われたりもしますが、この立派なしだれ桜を教室から見られるなんて、高校生たちが羨ましくてなりません(笑)。
しだれ桜

日朝寺のしだれ桜はひそかな桜の名所でして(知らない人はまったく知らない)、時折見物客がひっそりと訪れます。
この時は私が撮影していると、檀家のおじいさんお二人が訪れ、日朝寺の奥様が出ていらして、その後カメラを持ってこちらに十年通っているというご夫婦が一緒になりました。
日朝寺

なんと日朝寺の奥様のご好意で、毘沙門天堂の中に招き入れて下さることに!
毘沙門天堂

初めて入りました。毘沙門天堂の中はこのようになっているんですね~。
欄間に立派な絵馬がずらりと飾られています。
奥様のお話では、様々なお願い事を絵馬にして、奉納されてきたそうです。
中でも目を引いたのが、日蓮聖人の伝説を描いたという、正面の絵馬。
毘沙門天堂

佐渡流罪を許された日蓮聖人が鎌倉へ帰る途中で高田に入った際、急に一行の前に子どもがあらわれ、聖人の荷物を持ち、真言宗のお寺への道案内を買ってでたそうです。
ところが境内に入ると急に子どもの姿が見えなくなり、一行が探すと、毘沙門天を祀ってある壇上に泥の足跡があり、そこに荷物が置かれていたとか。
なんと、毘沙門天が子どもに姿を変えて、日蓮聖人をお迎えしたという伝説なのでした。
日蓮聖人

このことから、こちらの毘沙門天王は「出迎毘沙門天」と呼ばれているそうです。
またこの時、その真言宗のお寺は日蓮宗に改宗し、日朝寺と称するようになったそうです。

ちなみに、上杉謙信公が毘沙門天が崇拝していたことは有名ですが、後の上杉家が慶長三年、会津若松から米沢へ移った際、日朝寺も米沢へ移転したそうです。
その後しばらく時が経ち、明暦元年に再建されたのが、現在の日朝寺だそうです。
奥様や檀家さんのお話では、山形県米沢市の日朝寺のほうが立派だとか(笑)。
米沢の日朝寺の毘沙門天は、「泥足毘沙門天」と呼ばれているそうですよ。

これらのお話、初耳でしたので、大変興味深く伺いました。

日朝寺のしだれ桜、今年も素晴らしい花を見せていただきました。感謝です。
日朝寺のしだれ桜

また来年楽しみにしています(^^)


こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

4月12日の日曜日、自転車に乗って、高田のまちの桜めぐりに出かけました。
桜

青田川(あおたがわ)に架かる小姓人橋の上から、妙高方面を向いて。
青田川の桜並木は、北はこの辺りから始まっています。
青田川

青田川の土手は両側とも遊歩道になっていて、ご夫婦、親子連れ、ご年配の方、若人、多くの方がのんびり歩きながら、桜を楽しんでいました。
遊歩道

日当たりが良いせいか、青田川のソメイヨシノは結構散り始めており、チューリップにも桜の花びらが降り注いでいました。
ソメイヨシノ

高田開府四〇〇年と書かれたぼんぼりが揺れています。
昨年2014年(平成26年)は、徳川家康の六男・松平忠輝公の居城である高田城の城下町が開かれた1614(慶長19)年からちょうど400年に当たり、様々なイベント・事業が行なわれています。
高田開府四〇〇年

高田のまちの桜めぐり、一年ぶりにお届けします(^^)
桜

昨年は途中で中断してしまったので(苦笑)、今年は息切れしないようにしたいです。


こんにちは。
お米 通販の新潟コシヒカリ農家「内山農産」のスタッフ、チカです。

午前10時に高田公園上空での展示飛行は実施予定と発表され、午前10時40分に小松基地から6機が飛び立ったものの、雲が低くて高田公園の上空に侵入できず、開始予定時刻とほぼ同じ11時に中止が判断されたとのことです。
公園周辺や観覧場所となった陸上競技場などにはたくさんのお客さんが集まっていただけに、ブルーインパルス側も無念だと思いますが、やはり安全第一ですから。
でも幸い、昨日のリハーサル飛行を事務所の前から見られましたので、ラッキーでした。

さて、急遽昨晩、小雨がパラつくなか、高田城址公園の夜桜を観に行ってきました。
現在高田公園では、第90回高田城百万人観桜会が開かれています。

極楽橋のたもとからの、高田城三重櫓と内堀の夜桜。
高田城三重櫓

極楽橋を渡った北側には、地元・上越地域の食を販売する観桜会物産展が並びます。
ちなみに、橋の南側の信号を渡ったところには、お土産品を販売する物産展もあります。
観桜会物産展

本丸跡前を左折したところに、松平光長公時代の高田城絵図の看板があります。
昔と今を比較しながら歩くのも楽しいですよね。
高田城絵図

(ほぼ)正面側からの、高田城三重櫓と夜桜と内堀の噴水。
夜桜

内堀では貸しボートに乗ることもできます。
貸しボート

傘を差しながらボートに乗っている人がいました。
これ、左下の夜桜の下で、プカプカ浮かびながら夜桜を楽しむこともできるんです。
夜桜

お堀の水面に映る夜桜もまたオツなものです。
夜桜

高田公園内はライトアップと屋台の明かりで眩しいくらい。
ソメイヨシノ

とっても美味しいと噂になっているらしいたこ焼き屋の大行列。
後ろに並んでいた人の話によると、常連もいるそうです(笑)
この時は20~30人くらいで、結構長い時間並びましたが、なかなか美味しかったです♪
たこ焼き屋

さくらロードへ移動します。

さくらロードの突き当たりのシダレザクラも満開でした。
忠霊塔の脇にあるシダレザクラは迫力満点で、人気の写真スポットです。
入れ替わり立ち替わり、シダレザクラと一緒に撮影する人たちで賑わっていました。
シダレザクラ

シダレザクラの近くには、桜やハート型の観桜会オリジナルイルミネーションもあり、こちらも人気の写真スポットだそうです。
イルミネーション

さくらロードは東側にもう一本、地面にシートが敷かれた桜並木があって、こちらのライトアップの色合いの方が私は好きです。
さくらロード

淡いピンク色のグラデーションが美しく、私はこちらのさくらロードの方が好きです(笑)。
さくらロード

今年はなかなかお天気に恵まれませんが、桜は変わらず綺麗なものでした。
明日はいっとき太陽が出そうですので、まだ観に行かれていない方はこの機会にぜひ!


MTBlog50c3BetaInner

月別 アーカイブ

最近のコメント

  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: たくみの里のふくさん 続きを読む
  • たくみの里のふく: おはようございます 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは お疲れ様 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは コレで豊 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは 神様も、 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは まさに桜 続きを読む