モンスターカレンダー

« 2017年4月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930
トップ > 米作りの一年 > すじまき(播種)
こんにちは、チカです。
今日は暑いですね~。

種もみを温湯消毒し、水に浸して小さな芽が出たら、すじまき(播種)を行ないます。

播種機を設置して、土などを用意します。
すじまき(播種)

空の育苗箱を機械にセットすると、自動で育苗箱が供給され、床土(とこつち)が入ります。
写真は右から左に、育苗箱が移動しています。
すじまき(播種)

肥料散布の後、水やりがされます。
すじまき(播種)

種もみが播かれます(播種)。
すじまき(播種)

種もみから小さな白い芽が出ています。
種もみ

種もみの上に、土が被せられます。
すじまき(播種)

綺麗にすじまきされた育苗箱は、木製パレットの上にきっちり積み重ねて、蓋をします。
すじまき(播種)

パレットごと播種機に並べ、緑色のビニールカーテンで覆い、内部を蒸気で満たします。
すじまき(播種)

内部温度は30度、4日間置いておくと、小さな芽が伸びて発芽苗になるのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uchiyama-nosan.com/mt/mt-tb.cgi/5890

コメントする

MTBlog50c3BetaInner

月別 アーカイブ