モンスターカレンダー

« 2017年4月 
123456789101112131415161718192021222324252627282930
トップ > 米作りの一年 > 種もみの温湯消毒
こんにちは、チカです。

温湯種子消毒とは、種もみをお湯に浸して消毒することです。
お湯に種もみを浸して、病気や虫の発生を抑制します。
良い苗を作るために大切な作業です。

種もみ入りのネット袋二つを紐で結び、お湯に沈めて消毒します。
金属製の角槽に触れると種もみが焼けてしまうので、二本の角材の上に渡して、水中に浮かせています。
温湯種子消毒

60度のお湯に約8分間浸し、時間が経ったらお湯から引き上げます。
温湯種子消毒

次に、冷たい水に入れ、熱い種もみを冷やします。
温湯種子消毒

粗熱が取れたら、引き上げて水を切ります。
温湯種子消毒

最後に、浸水用の水に種もみを入れます。
温湯種子消毒

途中2~3回ほど水を入れ替えて、10日間ほど浸したままにし、水を吸わせます。
温湯種子消毒

温湯消毒の一連の作業は、以上で終了。
冬眠していた種もみが目覚めます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uchiyama-nosan.com/mt/mt-tb.cgi/5889

コメントする

MTBlog50c3BetaInner

月別 アーカイブ