モンスターカレンダー

« 2010年4月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930
トップ > 2010年4月

2010年4月アーカイブ

こんばんは、チカです。

昨日は満を持して(笑)、歌舞伎について語らせていただきました。
今日も引き続き語ります・・・長文ですが、どうかお付き合いくださいませ。

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、現在の歌舞伎座は今月の公演を最後に取り壊され、新しく建替えられます。
重要無形文化財の歌舞伎座は、中も外も雰囲気があって素晴らしい。
しかし、築後85年・改修後59年という歳月を経ており、老朽化が激しい。
様々な問題を解決するには、一旦すべてを壊して建て替えるしかない!

というわけで、4月10日と11日に「御名残四月大歌舞伎」を観てきました。
10日の午前中で仕事を終え、一路東京へ。
歌舞伎座に到着、幕見席(当日販売の自由席)の入場口の列に並びます。

※歌舞伎座は通常、昼と夜の二部制ですが、3月と4月だけ三部制の構成。
 10日は第3部を観劇し、翌11日に1部と2部を観る計画(つまり全部観る)。
 なお、事前に指定席(桟敷席・一等席・二等席・三等席AとB)を購入していれば、並ぶ必要はありません。

私が並び始めた15時45分の時点で、既に30〜40人くらいが並んでいました。
第3部の幕見席の販売開始時刻が、17時50分。2時間待ち。
立ちっぱなしで待つのなんか、もう慣れたものです。
今月で最後だし、役者はありえないほど豪華だし、気合充分。

辛抱強く待ってチケットを買い、4階まで階段を駆け上がります。
4階の幕見席から見た歌舞伎座の舞台。遠いでしょう?オペラグラス必須。
4階から見た歌舞伎座の舞台

立ち見でも観たいんですよね!老若男女、いろんな方が幕見席にいます。
立ち見でも観たい

第3部の演目は、「実録先代萩」と「助六由縁江戸桜」。
「実録先代萩」、芝翫演じる浅岡の涙々の母心。く〜、泣かせます!
「助六」は、團十郎演じるキレのいい助六と、玉三郎演じる艶やかで粋な揚巻、そして何といっても仁左衛門!すらりとした男前で、66歳には見えません!
実直な役が素晴らしいのはもちろんのこと、「助六」でのくわんぺら門兵衛のような役も似合う!
(NHKの放送で観た「女殺油地獄」での油まみれのシーンは、おぞましくて震えがきました。忘れられないです)

終演後、記念に幕見席と4階のあちこちを撮影しました。
幕見席と4階

外に出ると、歌舞伎座の正面玄関前には、歌舞伎ファンが大勢いました。
歌舞伎座の正面玄関前
皆さん名残惜しいんですね。私もです。

翌朝4月11日は、9時半頃に歌舞伎座の前に着いたんですよ。
そうしたらもう凄い行列!しまった!あと1時間早く起きるんだった!
第1部の販売開始が10時半。悔やんでも仕方ないので、のんびり待ちました。

第1部の演目は、「御名残木挽闇爭」「熊谷陣屋」「連獅子」。
勘三郎勘太郎七之助の中村屋親子の「連獅子」が観たかったのです。
あの有名な赤と白の髪を振りまわす姿、生で観れて嬉しかった〜!
色彩が綺麗で、ダイナミックで迫力抜群。

1部終演後、入れ替えのためいったん歌舞伎座の外に出ます。
ここで友人F氏と合流。第2部は一等席を確保しました!
F氏は初の一等席。私は2月に一度経験していますが、やはり高いです。

幕見席からは決して入ることが出来ない、歌舞伎座の内部です!
2階から見下ろした正面玄関内。2階フロアには日本画や花が飾られていて華やか。1階にはお土産物や食べ物がたくさん販売されています。
歌舞伎座の内部
※幕見席は入口や構造が完全に別で、他のフロアに入ることができません。

2階最前列から見た1階。花道がよく見えます。
2階最前列から見た1階花道

2階の私とF氏の席から見える舞台はこんな感じ。ちょっと遠いです。
2階の私とF氏の席から見える舞台

第2部は、「寺子屋」「三人吉三巴白浪」「藤娘」。
「寺子屋」は仁左衛門が出演、少々話が難しいですが、涙々・・・。
「三人吉三巴白浪」は、思いがけず面白くて笑わせてもらいました。
梅枝の色っぽさにうっとり。
「藤娘」は圧巻の舞台美術。藤十郎の舞いも素晴らしい。

本日4月28日は、御名残四月大歌舞伎の千穐楽。
「実録先代萩」が終わった頃です。休憩を挟んで最後の「助六」。
むちゃくちゃ盛り上がるだろうな〜と思いを馳せる(笑)。
でも実は今日が最後ではなく、4月30日に「歌舞伎座閉場式」が公演されます。
歌舞伎の重鎮たちが、最後に魅せてくれるようです。

新歌舞伎座の完成は、2013年春の予定。
3年間歌舞伎座では歌舞伎を見られませんが、完成が楽しみですね。


★『稔りの田から食卓へ』 "幸せと喜び"をあなたの食卓へお届けします
21年産米販売!自然乾燥・有機栽培米コシヒカリを新潟の稲作農家から産地直送
JAS有機認証の新潟産コシヒカリ・発芽玄米・もち米・黒米の通販【内山農産】

こんばんは、チカです。

私は趣味というか、人生の楽しみがたくさんありますが、昨年の秋、またひとつ楽しみを見つけました。歌舞伎です!

昨年のある飲みの席でのこと、高校時代の部活の後輩であり友人のF氏が、突然「歌舞伎面白いっすよ」とすすめてきました。
その時は「ふ〜ん」と思うだけでしたが、ある日彼の言葉を思い出します。
F氏を信じ(笑)一度見てみようと、他の用事のついでに行ってみました。

2009年10月18日、10時38分。初めまして、歌舞伎座!大きいな!
歌舞伎座

自由席の「幕見席」の販売口に並び、チケットを購入して入場しました。
一幕見席の販売口
チケットの購入方法や観劇のシステム・料金は、少々複雑なので、ここでの説明は省きます。(知りたい方は、よくあるご質問をご参照ください)

見るものすべてが初めての歌舞伎。
古臭くて退屈なものだと思っていましたが、ところがどっこい。
笑いあり涙あり、色使いがポップでサイケで美しく、荘厳でスペクタクル。
お〜、なんて面白いんでしょう!歌舞伎!度肝を抜かれました。

この日私が観劇した10月公演、昼の部の演目の絵看板。
昼の部の演目の絵看板
通しではなく、「毛抜き」と「蜘蛛の拍子舞」の2幕だけを観劇。
坂東玉三郎の美しさに惚れました。

正面玄関脇の演目内容と出演役者の看板。建替えまであと195日。
演目内容と出演役者の看板建替えまであと195日

歌舞伎座全体像。歴史を感じます。う〜ん、マンダム。
歌舞伎座全体像

ほんの2時間半で魅力に取り付かれ、それからは11月12月、年が明けて2月3月、そして建替え前最後の4月の公演も観にいってしまう始末。
3月の公演は、母の誕生日プレゼントということで、母と観にいきました。
この半年色々観てきて、特に好きな役者は坂東玉三郎と片岡仁左衛門です。

友人F氏とよく話すのが、学生時代お互い関西に住み、観る機会があったのに(京都四條南座大阪松竹座)、なぜ関心をもたなかったのか!ということ。
そうすれば、あれやこれが見れたのに!と無駄な地団太を踏んでいます(笑)。
まぁ、これからも気長に楽しんで観ていきたいと思います。


★『稔りの田から食卓へ』 "幸せと喜び"をあなたの食卓へお届けします
21年産米販売!自然乾燥・有機栽培米コシヒカリを新潟の稲作農家から産地直送
JAS有機認証や特別栽培米の新潟産コシヒカリ・発芽玄米・もち米・黒米の通販【内山農産】

こんにちは、チカです。

4月19日の夜、高田公園での夜桜見物の続きです。

夕飯も食べずに来たので、3人とも腹ペコ。
たこ焼き、広島風お好み焼き、じゃがバターを食べました。久々に食べて、満足満足。
んー、でもやっぱりお好み焼きは関西風が好きだと思いましたね。

両親はこれでは足らなかったのか、ボート乗り場の隣にあるクレープ屋に並んで、クレープを貪り食べていました。
クレープ屋
私はクレープが苦手なので・・・。

内堀に移りこむ夜桜とやわらかな噴水。ボウッとした輝きに惚けてしまいます。
夜桜

三重櫓の横を通り過ぎ、極楽橋を渡ったところから振り返ると・・・。
暗闇に浮かぶ高田城三重櫓と桜。
高田城三重櫓
風が無かったので、水面に綺麗に移りこんでいました。

そろそろ帰ろうと、駐車場へ向かって歩いていると何やら人だかり。
大道芸人がパフォーマンスをしていたので、ちょっと見ていくことにします。
シガーボックスのジャグリングですね。
シガーボックスのジャグリング
ほかにもボールやジャグリングナイフなど、様々な技を見せてくれました。

このパフォーマーのお名前は、ブライアン・ホルスさん。
日本在住20年のアメリカ人だそうで、関西弁ベラベラ(笑)
ブライアン・ホルスさん

パフォーマンスの合間も、しゃべり倒して笑いを誘います。
シャイな上越市民たちを、巧みな話術でその気にさせ、だんだんと彼を取り囲む輪が大きくなっていきました。
彼を取り囲む輪

最後のパフォーマンス。背の高い一輪車に乗りジャグリング、だそうです。
観客の男性3人に手伝ってもらい、一輪車に跨ります。
一輪車に跨ります

3本のファイアートーチに点火し、一輪車の上でジャグリング開始!
一輪車を漕ぎながら、器用にその場で360度回ってみせます。
ジャグリング開始!

この体勢で足の下に火を通します! 観客からは驚愕と賞賛の歓声。
足の下に火を通します
お客さん全員が彼のパフォーマンスに夢中でした。

この前の週に、長野の松本市でパフォーマンスをやったというブライアン。
そのときお客さんに、次はどこでやったらいいと思うか、尋ねたそうです。
上越市の高田公園をすすめられたそうです。(松本の方グッジョブ!)

雨に降られたり色々あったけれど、上越市の皆さんはあたたかく迎えて楽しんでくれたと、感激した様子の彼は最後にこんな言葉を口にしました。
「"じょうえつし"(上越市)は、"じょうねつし"(情熱市)」。
老若男女、たくさんの方がその言葉を聞いて心があたたかくなりました。
終了後には、帽子にお金を入れる人や名刺を求める人、おおくの人だかり。
良いものを見せていただきました!ブライアン・ホルスに拍手!


★『稔りの田から食卓へ』 "幸せと喜び"をあなたの食卓へお届けします
21年産米販売!自然乾燥・有機栽培米コシヒカリを新潟の稲作農家から産地直送
JAS有機認証の新潟産コシヒカリ・発芽玄米・もち米・黒米の通販【内山農産】

こんばんは、チカです。

4月2日から始まった第85回高田城百万人観桜会は、3日間延長されて、21日に終了しました。
19日の夜に、両親と3人で高田公園の夜桜を見に行ってきました。

高田公園の夜桜の代名詞、さくらロード。
さくらロード

見上げれば輝く桜並木、ゆったりと楽しみます。
輝く桜並木

さくらロードの突き当たりには、忠霊塔前の枝垂れ桜。
忠霊塔前の枝垂れ桜

いざ、青白く光る高田城三重櫓へ。
高田城三重櫓

ボート乗り場の前から見る、高田城三重櫓。
高田城三重櫓

同じくボート乗り場の前。高田城を取り囲む内堀に、桜が映りこみます。
内堀に桜が映りこみます


★『稔りの田から食卓へ』 "幸せと喜び"をあなたの食卓へお届けします
21年産米販売!自然乾燥・有機栽培米コシヒカリを新潟の稲作農家から産地直送
JAS有機認証の新潟産コシヒカリ・発芽玄米・もち米・黒米の通販【内山農産】

こんにちは、チカです。

今月20日の夜、謙信IT研究会の勉強会が行なわれました。
会場はいつものように、上越情報ビジネス専門学校のパソコン教室。
今回はちょっと寂しく、参加人数は5人(5企業)でした。

勉強会終了後、久しぶりに懇親会をやることに。
懇親会の場所はいつものように、上越市仲町の「三恵」。
参加者は、あい企画あいさんJKリフォームコーチャン熊木組bくまさんバランシングロックの横山先生、そして私の5人です。

暖簾をくぐり案内されたのは、いつものように店奥の座敷の個室。
子どもの日が近いんですね、可愛らしい鯉のぼりのやじろべぇ。
鯉のぼりのやじろべぇ

季節を感じる一品、ホタルイカとコゴメ(コゴミ)のからし酢味噌あえ。
ホタルイカとコゴメ(コゴミ)のからし酢味噌あえ
最高!マジうまいっす。春の恵みバンザイです!
器の下には桜が描かれた紙が敷かれていて、華やかでした。

三恵さんの料理で一番のお気に入り、メギスのフライ。
メギスのフライ
一人当たり2尾(^-^)。絶品です。独活と筍のフライも美味でした。

フライに添えられた名脇役、ポテトサラダ。
ポテトサラダ

運ばれた料理にはとりあえずカメラを向ける、お馴染みの光景です。
海苔巻き
海苔巻きも美味しく頂戴しました。

食後には甘いオレンジが出されました。
とびきり豪華ではなかったですが、美味しくて量も程よく、満足満足。
まったりと過ごして、皆さんとお別れしました。
また来月の勉強会も頑張りましょう!


★『稔りの田から食卓へ』 "幸せと喜び"をあなたの食卓へお届けします
21年産米販売!自然乾燥・有機栽培米コシヒカリを新潟の稲作農家から産地直送
JAS有機認証の新潟産コシヒカリ・発芽玄米・もち米・黒米の通販【内山農産】

MTBlog50c3BetaInner

月別 アーカイブ

最近のコメント

  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: たくみの里のふくさん 続きを読む
  • たくみの里のふく: おはようございます 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは お疲れ様 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは コレで豊 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは 神様も、 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは まさに桜 続きを読む