モンスターカレンダー

« 2008年6月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930
トップ > 2008年6月

2008年6月アーカイブ

こんにちは、チカです。

26日に節子ママのお供で、上越市安塚区雪だるま物産館に行ってきました。
内山農産からは片道30分。道の駅「雪のふるさと やすづか」にあります。

雪室の鍵を管理事務所に返却して、私と節子ママは雪だるま物産館に入ります。
入り口には、いろんな苗が売られていて、喫茶メニューの看板も置いてあります。
喫茶メニュー

店内は天井が高くて明るい雰囲気。たくさんの野菜や農産加工品が販売されていました。
野菜や農産加工品

節子ママは夕飯にと、自然薯そばをお買い上げ。ひえやきびなどの雑穀蕎麦も売られています。
自然薯そば

奥には喫茶スペースがあり、なんと手作りの自然素材ジェラートが!
ジェラート
フィリピンの高級天日塩を使用した「塩キャラメル」、上越市民にはお馴染み、山本ぶどう園のぶどうが楽しめる「ぶどう」、安塚の山で拾ったというくるみをたっぷり使った「山ぐるみ」の3種。

せっかくなので食べることにしました。
私はぶどう、節子ママは塩キャラメル。おまけで、ちょこっと山ぐるみをつけてもらいました。
ぶどう

物産館を出て、おまけの山ぐるみからひとくち・・・う、う、う、うまぁい!
くるみの濃厚な風味が口にひろがります。美味しすぎる。
節子ママもこの美味しさにびっくり!
美味しさにびっくり
二人とも、メインのジェラートよりもこの山ぐるみに惚れ込む・・・。
山ぐるみをメインにすればよかったなあ。もちろんぶどうも塩キャラメルも美味しかったですよ。
幸せのひとときでした。また絶対食べにこよう!

私は先に食べ終わって、物産館の周りを散策してみます。
なぜか裏手に、お食事中の山羊の小屋。物産館で飼われているんでしょうか。
山羊の小屋

青い紫陽花も綺麗に咲いていました。梅雨なのに、ホント雨降りませんね。
紫陽花

雪室の中を見ることができたし、ジェラートは美味しかったし、道の駅「雪のふるさと やすづか」をあとにしました。ほんの短いドライブでしたが楽しかったです^-^


★『稔りの田から食卓へ』おいしい有機栽培米コシヒカリをお届けいたします 【(有)内山農産】

こんにちは、チカです。

昨日、節子ママのお供で、上越市安塚区雪だるま物産館に行ってきました。
内山農産からは片道30分。道の駅「雪のふるさと やすづか」にあります。
巨大な雪だるまのマスコットが歓迎してくれます^-^ 左奥が物産館。
雪だるまのマスコット

道の駅内には他に、美味しいお蕎麦を提供している、雪むろそば家「小さな空」があります。
一度入ってみたいです。
雪むろそば家「小さな空」

今回安塚まで来た目的は、雪中貯蔵施設「雪むろ」(写真右奥)。
雪中貯蔵施設「雪むろ」
雪むろ施設の図をご覧いただければお分かりですが、地上に出ている茶色い建物の中には雪がぎっしり詰まっていて、地下にある貯蔵庫内を冷やしています。
自然エネルギー、雪を利用した巨大冷蔵庫ってわけです^-^

おっきな扉の雪入れ口から、重機を使って雪を入れるそうです。
雪入れ口

この雪むろの中に、当社の『十五夜味噌』を貯蔵しているんです
といっても、現在ショッピングサイトや直販、あるるん畑などで販売している『十五夜味噌』は、雪室貯蔵ではありません
加工所内で熟成させている十五夜味噌と別に、一部の味噌だけを雪室の中に入れています
7月始めに雪室から出す予定でしたが、急遽、先に一部だけ出すことになり、節子ママと安塚までやってきた来たのです。

雪中貯蔵施設の大きな扉の鍵を開け、いざ中に・・・。
大きな扉

通路を抜け、奥の扉を開けると、うわ寒い!
貯蔵庫内の壁には、雪がぎっしり。どうりで寒いわけですよ。
雪

お米やお酒など、いろいろなものが貯蔵されていました。
内山農産の雪室貯蔵中『十五夜味噌』。1kgのパック詰めにして置いています。
『十五夜味噌』

「う〜寒いっ!」半袖の節子ママは、早く出ようと急かします。
倉庫から出ると・・・気温差で、カメラのレンズが曇る!(笑)
レンズが曇る

扉の鍵を管理事務所に返却して、節子ママは物産館でお買い物、の様子はまた明日・・・^-^


★『稔りの田から食卓へ』おいしい有機栽培米コシヒカリをお届けいたします 【(有)内山農産】

こんにちは、チカです。

ちょうど今時分は、除草作業で忙しい時期。ご多分にもれず、内山農産も日々除草です。

作業中の写真を撮るために田んぼへ行くと、クボタのメカニックさんがいらっしゃっていました。
クボタのメカニック

調子が悪いので、除草機を修理してもらいます。
素手で機械を弄るメカニックさん。いつもお世話になっております。
メカニック
長いこと酷使している機械、末永く大事に使っていきましょう。

直してもらって再始動。エンジンをかけて、除草機を手で押しながら歩きます。
除草機

同じ田んぼの中を、社長とヒロトでくまなく除草。
社長とヒロト

有機JASの無農薬田と、特別栽培の減農薬田、どちらも除草作業はかかせません。
地道な除草ですが、大切な仕事です。


★『稔りの田から食卓へ』おいしい有機栽培米コシヒカリをお届けいたします 【(有)内山農産】

こんにちは、チカです。

チカ家の畑には、梅の木があります。
収穫量は変動しますが、毎年実が生るので、梅干しを漬けたり、梅酒を作ったりします。
今年も、私の知らぬ間に収穫が終わっていました。
竹串でヘタをとり、洗って完全に乾かして、ちょっと放置しておいた梅の実。
梅の実

氷砂糖とホワイトリカーを買ってきて、土曜深夜、台所で母がひとり梅酒を作っていました(^m^)
氷砂糖とホワイトリカー母

今年はビン3本分、梅酒を作ったみたい。
梅酒

3ヶ月待って美味しくなったら、祖母と母は毎晩、晩酌!
晩酌の習慣がない私は、隣で黙々と食べるだけ・・・。
昨年漬け込んだ梅酒は、飲み干してしまってもう無いので、祖母と母は3ヵ月後を、今か今かと待ち望んでいます。
本当は1年くらい漬け込んだ方が美味しいのでしょうが、待ちきれないようです(^m^)


★『稔りの田から食卓へ』おいしい有機栽培米コシヒカリをお届けいたします 【(有)内山農産】

こんにちは、チカです。

先週の10日、映画評論家の水野晴郎さんが永眠されました。享年76歳。

水野さんといえば、「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」の台詞でお馴染みの方ですが、映画や舞台の監督をされていること、ご存知でしょうか?
シベリア超特急というシリーズで、企画・製作・脚本・監督・出演をされています。
劇中で水野さんは、実在した人物、山下奉文陸軍大将を演じています。
ごく少数、一部の熱狂的なファンの間では「シベ超」と呼ばれ、愛されている作品。
シベリア超特急のDVD

訃報を知り、レンタル屋においてある「シベ超」1作目から4作目までのDVDを借り、ひとり上映会を行いました(笑)。「シベ超1」だけは母も一緒に見たんですが、「すごい作品だね・・・」と唖然としてました(^^;
誰が見ても超B級映画間違いなし!(私は好きですけど・・・)
一所懸命に作られているのはわかるんですが、いかんせん水野さんの演技が・・・(^^;
ほかにもツッコミどころ満載、私も初めて見たときは「なんじゃこりゃあ」でした。ま、今ではそれも味かな、と思ってます。

私はシベ超の何が好きって、副音声ですね。
水野さんと、佐伯大尉を演じた西田和晃(ボンちゃん)の漫才のような雑談が録音されています。これが面白くて面白くて・・・。
「シベ超4」では、水野さんとボンちゃんの副音声のほかに、みうらじゅんいとうせいこうの副音声も収録されていて、これもまたゆる〜い対談で面白い。

別にB級映画が好きなわけではなく、メジャーな映画も好きですが、シベ超は別格(^-^)
全体に漂うゆる〜い感じが妙に魅力的なのです。
よろしければぜひ一度ご鑑賞を。唖然をすること間違いなしです(笑)。
何はともあれ、水野晴郎さんのご冥福をお祈りいたします。


★『稔りの田から食卓へ』おいしい有機栽培米コシヒカリをお届けいたします 【(有)内山農産】

MTBlog50c3BetaInner

月別 アーカイブ

最近のコメント

  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: たくみの里のふくさん 続きを読む
  • たくみの里のふく: おはようございます 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは お疲れ様 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは コレで豊 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは 神様も、 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは まさに桜 続きを読む