モンスターカレンダー

« 2007年7月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
トップ > 2007年7月

2007年7月アーカイブ

みなさん、こんばんは チカです。

今は、水を引いて田んぼを乾かし、ヒエ抜きの真っ最中。
稲の花が咲く前に終わらせるように精を出しています。

今日も太陽の下で、ヒロトと次男坊の二人が励んでいました。
ヒエとはどんなものなのか・・・こちらです!稲と似ています。右の写真は、ヒエの穂。
ヒエ ヒエの穂
これが実を落とすと・・・来年恐ろしいことになります。
その生命力を侮ってはいけません! ヒエ地獄に陥る羽目になりますので、除草除草!

ヒエ以外にも雑草はありますが、今日入った田んぼは、ホタルイ地獄でした。
左下の写真、青い稲の上からツンツン飛び出ているものがホタルイ。くまなく除草します。
ホタルイ 除草

歩いてホタルイを発見、身を屈めて除草してカゴへ。
ホタルイを発見 除草

青い空の下、容赦なく照りつける日差しに負けずに頑張りましょう!
照りつける日差し 青い空

みなさん、こんにちは チカです。

社長とヒロトは毎月1回、米の鑑定研修会に参加しています。
その名のとおり、お米を鑑定する研修会です。
社長とヒロトは農産物検査員なのです。

7月の鑑定研修会は、昨日27日に開催されました。
米の品種、等級(1等、2等、3等、規格外)、もちうるちを鑑定します。
品種はコシヒカリ、ゆきの精、こしいぶきをメインに、もち米、あと酒米もやるそうです。

お米の鑑定は、非常に集中力を必要とされます。
出題されたお米を鑑定し、答えを用紙に書き込み採点。今回はどうだったんでしょう・・・。

さて、鑑定会を午前中に終えたヒロトは夕方、嬉しそうに出かけていきました。
フジロックフェスティバル07へと!

3日間のうち、ヒロトが参加するのは28日だけ。
・・・ぐ・・・私も行きたかった・・・・。それも3日間連チャンで。
観たいのいっぱいあるんです、今年も。

今までまったく触れてきませんでしたが、私もヒロトに負けず劣らず、かなり音楽好きです。
今回彼が行くと聞き、かなり嫉妬しました。

ヒロトは今頃誰のステージで楽しんでいるのでしょうか。
タイムテーブルはと・・・・17時10分から「THE ATARIS」がやるじゃないですか!
また来年来てくれたらなあ。

私、2004年のフジロックに3日間参加したんです。
大好きなミュージシャンがたくさん出るので、一念発起!
3日間通し券は高いですから、他は少しでも出費を抑えようと、交通手段は車で下道を
(駐車券2,000円)、宿泊はキャンプ(キャンプサイト券2,500円)で4泊5日。
前夜祭から最終日深夜まで、踊りまくって食べまくって飲みまくって遊びに遊びました。

何よりもきつかったことは、ステージ間が離れているため、終盤になると足腰がボロボロ。
暑さ、雨、風、寒さ、やはり山奥の野外イベントなので自然の厳しさも痛感。
そして、4泊5日のキャンプ生活がダメージを加速させました。

でも体はキツイのに、心は充実!あんなに楽しかったイベントはほかにありません。
大好きなミュージシャンのライブで燃え、未知の素晴らしいミュージシャンに出会い、
世界各国の美味しい料理、お酒を堪能し・・・また行きたい!と思って3年経ちます。

フジロックはたくさんの人が、山の中で音楽を楽しむために集まります。
私も来年はその中の一人として、ぜひとも参加したいです。

みなさん、こんにちは チカです。

今上越市では、「上越まつり 祇園祭」が開催されています。

毎年、高田地区と直江津地区の2箇所で大花火大会が行われていましたが、今年私の住む高田地区では、開催しないとのこと。
でも大丈夫。直江津地区は昨日26日に開催しました!

前からバルブ撮影というやつで、花火を撮ってみたかったので、あらかじめカメラ設定を自宅で行い、いそいそと出かけます。
今夜は曇り空。果たして花火は綺麗に上がってくれるのかと案じつつ・・・。

時間は20時から21時10分。打ち上げ場所は、関川河口。
一番近い荒川橋は、車両通行止されるため、物凄く人がごった返すだろうと、手前の直江津橋に向かいました。
既に20時を回っていており、花火が上がっています。
急いでセッティングしましたが、風の方向がよくないようで打ち上げ後の煙が邪魔して、その次の花火が隠れてしまう・・・!

ともあれ、まず一枚撮ってみましたが、三脚に手が当たってしまいぶれてしまいました。
そして、あきらかに露出オーバーですね。
明らかに露出オーバー

今回の撮影では、「デジタル一眼レフ・30日でマスターできる」を参考にしています。
(とても30日ではマスター出来ませんけど)
夜景と組み合わせて撮る場合、露光時間は10秒、20秒、30秒で、アップの場合は数秒、と書いてあります。

上の写真は30秒にしましたが・・・・全然だめですね。
打ちあがる花火の量が多くて、露出オーバーになった場合は、黒い紙などでレンズを塞いだりするとよいそうです。
紙を用意しなかったので、カメラバッグで塞いだりして・・・。

ちなみに設定は、撮影モードはM、シャッタースピードはバルブ、絞りはF11、WBは太陽光、ISOは200、フォーカスモードはAF−A、AFエリアはシングルエリアAF、測光方式はマルチパターンです。
なお、露出補正は−1.0にしてみました。

岡本太郎氏の「芸術は爆発だ!」を思い起こさせるような、爆発加減です。
芸術は爆発だ!

頭の中に「こう撮りたい!」というイメージを描き、撮影していきますが思うようにいきません。
その中でも、まあ比較的イメージに近づいているかな、というのがこれ↓
花火の軌跡

花火の軌跡みたいなものを撮ってみたかったのです。でもまだまだ!

そのうち雨が降り出したので、撮影をあきらめてしまいました。
直江津橋には、ほかにも一眼レフを構えている方が何人もいて、やっぱり花火を被写体にする方って多いんだなと思いました。

みなさん、こんばんは。チカです。

今週24日(火)の夜10時から、みなさんは何をしていましたか?
私は、NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ていました。
今回は、合鴨農法を確立した農家、古野隆雄さんが紹介されていました。

当社も一部の田んぼにだけですが、合鴨農法を取り入れています。
合鴨農法を始めて3年目。1年目はたぬきに食われ、2年目も色々ありました。
今年は、田んぼの真ん中の雑草だけ食べてくれないという事態が発生。
まだまだ試行錯誤が必要です。

その合鴨農法を確立した農家さんということで、楽しみにしていました。

米作りは30数回ほどしかできない、と古野さん。
そう、米作りはその人の人生で、せいぜい40回くらいしか出来ないんですよね。
1回1回を大事にしなければいけません。

古野さんは目じりを下げて、合鴨に話しかけてました。
私も、返事があるわけでもないのに、自然と口をついて出てしまいます。
だって、可愛いんですよ!仕方がありません。

合鴨は「ヒエ」を食べません。
だから当社の鴨田も、ヒエだけはびっしり生えてしまっています。
これだけはどうしようもなく、手作業で除草していくほかありません。
このヒエぬき(当社では【シーぬき】と言います)、ガンガンの太陽を背に一心不乱にやる作業、ものすごくタイソウだそうです(節子ママ談)。

古野さんは千羽もの合鴨を孵化させ、最後に食用として出荷するまで飼育されてましたが、当社社長は、今の当社ではとても無理だと言っています。
孵卵器などの器材と、飼育する時間の確保のほかに、飼育する場所が問題です。
合鴨の出す鳴き声、臭い、埃など、周辺住民の方々になるべくご迷惑をおかけしないようにしなければならないからです。
今年は40羽くらいの合鴨しか飼っていませんでしたが、もっと大量にとなると・・・・まだまだ厳しいです。

何よりも社長が関心を持っていたのが、「乾田直播き」での合鴨農法。
これが農法として確立すれば画期的だと言っていました。
古野さん、いつか完全に成功させる日がくるのでしょうか。
この方なら、いつかやってくれそうですね。
合鴨と家族と二人三脚で農業を営む古野さん、輝いてみえました。

さてさて、少し前の写真ですが、合鴨に懐かしさをこめて振り返ってみます。

まずは雛ちゃん。ピヨピヨ、大変可愛かったものです。
合鴨の雛

そして大きくなってから田んぼに放たれ、懸命に雑草や虫を食べている姿。
何だよ、という目つきで私をにらんでいます。
雑草や虫を食べている私をにらんでいます

最後に、合鴨たちの除草部隊。
除草部隊

懐かしいですね。合鴨が当社にいたのが、遥か昔のことのようです。

みなさん、こんにちは チカです。

昨日発生しました中越沖地震、幸い当社はみな無事です。
早速お見舞いのお電話、メールをたくさん頂戴し、みなさまの温かいお心遣いに本当に感謝申し上げます。

幸い人的被害はなく、物的被害として、物置に山のように積んであった育苗用の苗箱が崩れ(昨日必死に積みなおしました)、事務所内のコピー機がずれ、社長やヒロトの部屋では大量の本やCDが崩れ落ちただけですみました(整理が必要ですね)。

あとは、庭の灯篭がゴロン、と2基倒れてしまいました。
灯篭 灯篭

人力ではとても動かせませんので、石材屋さんに来ていただいて近々直すそうです。
おじいちゃんが丹精込めて作った庭・・・、しょんぼりしていました。

なお、田んぼも畑も被害はありませんので、ご安心くださいませ。
ちなみに合鴨はまったく平常です。あいかわらずのんびりやっているようです。
反対に我が家のアイドル犬 ピースはおびえてしまっていたそうです。

ここ数年の間に全国各地で立て続けに災害が起きていますね。
柏崎や刈羽、長岡など被災された方々には、安心して暮らすことの出来る日が一日も早くくることをお祈り申し上げます。

取りあえず、お礼とご連絡を申し上げます。

MTBlog50c3BetaInner

月別 アーカイブ

最近のコメント

  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: たくみの里のふくさん 続きを読む
  • たくみの里のふく: おはようございます 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは お疲れ様 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは コレで豊 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは 神様も、 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは まさに桜 続きを読む