モンスターカレンダー

 2007年6月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930
トップ > 2007年6月

2007年6月アーカイブ

みなさん、こんばんは チカです。

内山農産は、「あるるん畑」で色々なものを販売しています。
お米以外にも、野菜も置かせてもらっています。
といっても一年中ではなく、それぞれの時期ごとに販売できるものがあればですね。

ちょうど今販売している野菜は、「たまねぎ」
自宅分も含めてたくさん栽培しますので、市場平均よりも少しお安いお値段で。

内山家では、たまねぎはワラで縛って、車庫の屋根下に吊るして保存しておくんです。
車庫の屋根下
お店ではたまねぎって普通、一個一個で売っていますよね。
ところがどっこい、なんと一房まるごと販売しちゃってるんです。

先日内山家のおばあちゃんに、「家で食べてくんない」と、いつものようにおすそわけしてもらったのですが、持ち上げたらものすごい重い!
量ってみたところ、4.5キロくらい!
4.5キロくらい
あるるん畑の店員さんの話では、このたまねぎを買われるお客さんはみな、「よいしょ!」と言ってレジ台に乗せるとか。

ワラで縛っているのが珍しいのと、しかも量はたくさんでお安めな価格ということで、大変有難いことにぽちぽち出ています。
お安めな価格
まだもう少しあるるん畑で販売しますので、たまねぎをたくさん消費される方は是非どうぞ。

そうそう、たまねぎをワラで縛るのはおばあちゃんが全部やっています。
節子ママも昔教えてもらったので、出来ないことはないそうなんですが、やっぱりおばあちゃんには敵わないとか。
さすが農家のおばあちゃんですね。

みなさん、こんにちは チカです。

6月10日はデジイチの日(私基準) あれから18日が経過しました。
まだ一回も撮影のために出かけたりしていませんが、内山農産内や自宅で少しずつ練習をしています。
内山農産だとついつい鴨ばかりになってしまいますが・・。

先日帰宅しましたところ、玄関の花瓶に紫陽花と花菖蒲などが活けてありました。
みな、庭に咲いているものです。それぞれがとても綺麗な紫色でした。
花菖蒲は、夕方庭からとってきて活けたのでしょうか(未確認)
雨の雫がまだついていて、とっても魅力的だったのです。

当家(チカ家です)の玄関の照明は白熱灯(多分)、ホワイトバランスを電球に設定してみました。モードはPモード。
オリンパスのCAMEDIAを使っていたときもほとんどPモードで撮影していましたね。
たまに、使いこなせないのにMモードで撮影したり。

露出補正は行わず、三脚も泥だらけで車の中に置きっぱだったので使わず。
手持ちで、望遠レンズで撮ってみます。近すぎてピントが合わない。シャッターが切れません。
撮影
背伸びして遠ざかったりしてやっとピントが合い、脇を締めて手ブレを防いでシャッターを切っても、三脚なしではやっぱりぶれましたね。
雫がこぼれ落ちそうで、それを綺麗に撮ってあげたかったです。

こんなに赤くなく、もっと青みがかった紫なのですが・・。
雫で艶を増した花菖蒲、とても綺麗でした。
花菖蒲
ホワイトバランスを電球以外にして撮影してみるべきだったでしょうか。
露出もプラス補正したほうが良かったかも。

反省点が多いですね〜。
でもそれだけ、伸びる可能性はあるということでしょうか(前向き?)

みなさん、こんにちは チカです。

突然ですが、「新潟県農業大学校」をご存知ですか?

農業大学校は、旧巻町、今は新潟市内にある、農業を学ぶための学校です。
稲作経営科、園芸経営科、畜産経営科の学科(2年)と、さらに研究科(2年)があります。

(1)近代的な農業経営を担当するにふさわしい農業後継者及び農村地域の指導者を養成する。
(2)農業従事者、農業指導者等に必要な研修を行う。
ことを目的に、稲作経営科は40人程度、園芸経営科は30人程度、畜産経営科は10人程度、研究科は10人程度を定員として、日々農業を学んでいるそうです。

実はヒロトもこの学校の「稲作経営科」の卒業生なんですよ。
そのせいなのかわかりませんが、稲作経営科2年生の郊外研修をお願い出来ないか、とのお話が舞い込んできました。

日時は6月20日の午前10時30分から11時30分まで。
あいにく、社長は都合により不在でしたが、ヒロトがいますので、お受けすることになりました。

時間ぴったりに学生21名と、引率の先生2名を乗せた農業大学校のバスが到着。

事務所と加工場の建物の2階に上がってもらい、ヒロトが説明を始めます。
説明
まずは会社の経営概要、いつからどういう農業をしてきたのか。
有機JAS認定米、特別栽培米の農法や、合鴨農法や布マルチも話しました。

稲作のほかに加工品として、自家産大豆を使った味噌などについて、加工部門責任者として節子ママの説明を交えつつ、話しました。
先生からも質問が飛びます。
先生からも質問

学生さんからの質問で一番面白かったのが、「稼ぎはいくらくらいですか」
まぁ確かにこれから就農する身として、専業農家の稼ぎを知りたいですよね。
ヒロトと節子ママは顔を見合わせて「いいの?」などとアイコンタクト。
まあ、隠すことじゃない、でも若干濁しつつ、正直に・・・。
その答えを聞いた学生さんが、メモした言葉がまた面白くて。
すみません、ここでは言えませんけどっ。

次は、合鴨田と布マルチ田を見てもらうことに。
合鴨田
鴨たちは少し離れたところで、団体で草を食べている最中でした。
学生さんも鴨には興味深々のようで、デジカメを向けていましたね。

次は布マルチ。盛んにデジカメを向けて、しゃがんで観察していました。
布マルチ
布マルチ
合鴨はともかく、布マルチは珍しいですよね。先生も興味深々で、質問を飛ばす飛ばす。

色々説明していたところで、時間もほどよいところに。
学生さんたちはバスに乗り込み、帰っていきました。
ヒロト・節子ママ・私の3人でお見送りをして、郊外研修の受け入れは無事終了しました。
終了

いつもは視察や見学受け入れなども、社長が中心でしたから、ヒロトも気をつかったようです。
学生さんも先生も、お疲れさまでした。良いレポート書いてくださいね。

そうそう、学生さんよりも、紫外線大敵で対策ばっちりのヒロトの方が、顔の色が白かったのです。普通、逆じゃないの~。

みなさん、こんにちは チカです

今日もなかなかに暑かった上越市ですが、どうやら明日からは雨模様のようですね。

今、内山家の畑では、色々な野菜が採れます。キャベツ、きゅうり、たまねぎ、じゃがいも。
そのうち、なすやかぼちゃも採れ出すそうですよ。

余談ですが、今年はレタスとサニーレタスは良いのが採れましたが、全部合鴨の餌になりました。
意外にも合鴨はレタスだ〜いすきで、細かく刻んであげるととんでもないことになります。
数十羽がいっせいにレタス目掛けて突進。
キャベツも目の色を変えていましたが、レタスに対するその勢いにはただ驚くばかり。

話を戻しましょう。

予報どおりに雨が降る前に、じゃがいもを収穫してしまおうということで、今日午前中と夕方、節子ママとおじいちゃんが畑へと行きました。
私も、畑の様子をぜひカメラにということでついていきました。

昨年の収穫時に種芋として残していた自種の芋は、まだ小さいため今日は掘りません。
買った種芋から育てたじゃがいもは大きくなっているので、それを収穫します。
おじいちゃんは剣スコを、節子ママは小さいスコップを使い、掘っていきました。
掘っていきました
掘っていきました

まわりの畝には、まだ花を咲かせているじゃがいもがありました。
花
白い花びらに、淡い紫が彩っています。

じゃがいも畑の周囲には、かぼちゃなどがあります。
かぼちゃなんか、伸びに伸びてもっさりとしていました。若葉はまだまだ伸びる気まんまん。
かぼちゃ若葉

茂った葉をかきわけると、小さいながらも立派に形づくっているかぼちゃを発見。
かぼちゃ

そして最後に、今日掘ったじゃがいも。
DSC_0177.jpg

みなさん、新じゃがの美味しさを想像してみてください・・・
じゃがバターで食べるもよし、ただ茹でて荒塩を振っただけでもうまい。
みなさんも新じゃが食べたいですよね〜。私は食べたいです。

みなさん、こんにちは チカです。

とうとう「関東甲信」地域が梅雨に入ったそうですね。
いつも取り残される運命にある、そんな新潟県からお送りしております。

先日、当社の黒米をご購入いただいたお客様から、
「内山農産HPを私のHPリンクに追加したいのですが、いかがでしょうか。
OKでしたら早速、炊いた黒米入りご飯と共に紹介したいと思います。」

とのメールをいただきました。

お客様からこのようお願いをいただいたことがほとんどないので、モニタ前で鼻息荒く、首をぶんぶん縦に振るくらいの気持ちで、「どうぞどうぞ!こちらこそ宜しくお願いいたします」

ついでに私も厚かましくも「当社のブログに、HPと黒米ご飯についてのブログを紹介させていただきたいのですが、お許しいただけますでしょうか」とお願いしてみました。
即行、快くご承諾いただきまして、内心涙の万歳三唱。

その後さっそくお客様(HNは「チェロ右衛門」さまです)のHPを拝見。
みなさんもどうぞこちらから「チェロ姫日記」
その中の、「姫のgeolog」でご紹介いただいております。

立派な記事・・・立派過ぎます。たいそう感激いたしました。
黒米未経験の皆様、黒米を入れて炊いたご飯はこのようになります。
きれいな紫色、淡いワイン色になります。食卓を鮮やかに彩ってくれること間違いなし。
紫は高貴な色ですから、優雅な気分にひたれそうではありませんか〜。

ところで、チェロ右衛門さまにご購入いただいたのは、
黒米(紫黒米)の『朝紫』『おくのむらさき』(生産販売終了)という2種類です。
『朝紫』は、もち米品種、『おくのむらさき』はうるち米品種なんです。
うるち米とは、普段みなさんが食べてらっしゃるお米(こしひかりなど)のことです。
食感としては、『朝紫』はもち米な分、混ぜる割合にもよりますが、もちもち感が楽しめますね。

黒米特有の紫色は、アントシアニン系色素によるもので、玄米の皮の部分が含まれています。そのため、完全に精米してしまうと、真っ白なお米になります。
1kg入りと200g入りの2つをご用意しておりますので、興味がおありの方はぜひ一度!

MTBlog50c3BetaInner

月別 アーカイブ

最近のコメント

  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: たくみの里のふくさん 続きを読む
  • たくみの里のふく: おはようございます 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは お疲れ様 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは コレで豊 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは 神様も、 続きを読む
  • 新潟コシヒカリ農家 内山農産のチカ: 水まわりリフォームの 続きを読む
  • 水まわりリフォームの蛇口まん内藤: こんにちは まさに桜 続きを読む